ページ内を移動するためのリンクです。

環境助成金プログラム支援授業

EFFの環境助成金プログラム支援

環境NPOとして現場の活動に関わる以外に、環境問題に取り組むNPOセクターや民間企業等へ資金を提供する「助成金」のプログラムに関して、その制度設計や具体的な案件の評価、事務局の管理・運営などを支援しています。

小さなNPOでは自分たちだけでできる活動に限界があります。また、環境問題はNPOだけでなく、企業や行政、学校等マルチセクターで取り組むことが重要であり、環境への取り組みが社会にインパクトのある成果を生み出すには複数のセクターの「連携」が必要です。そのためには、環境NPOセクターはもっと力をつけねばなりません。さらに、企業セクターでもより「地球環境」を意識した経営への転換が求められています。

私たちと同じように環境問題に取り組む仲間の多くが活動資金の調達に苦慮し、またその資金のうち大きな割合を占める「助成金」が必ずしも現場のNPOのニーズにマッチしていないという問題意識から、環境NPOへの助成金の運営に様々な形で関わっています。

また、NPO向けの助成金プログラム運営の経験や知見を活かし、国等の行政が行う様々な補助金事業の管理・運営にも関与しています。省エネルギー対策や再生可能エネルギー導入等、地球温暖化防止や持続可能な社会を築くための「予算」が適切かつ効率的に使われるよう、民間の視点や市民の感性を活かして貢献してゆきます。

EFFの役割

助成金プログラム支援として、EFFは以下のような業務を提供しています。

  1. 助成金プログラムの制度設計業務
  2. 助成金プログラムの事務局運営業務
  • 助成案件の公募業務
  • 助成案件の評価、選定
  • 助成金の支払業務
  • 助成期間中の助成先へのフォロー業務
  • 助成事業の事後評価(会計報告書や事業完了報告書のチェック)

EFFの役割

  • 下記助成プログラムの案件(年間約500件)を読み込み、評価により蓄積された
    環境NPO/NGOや活動への知見
  • 助成プログラムの事務局運営経験を積んだスタッフと運営ノウハウ
  • 助成プログラムの制度設計に関する経験とノウハウ
  • 助成プログラム運営に関する人脈、ネットワーク

主な実績紹介

Panasonic NPOサポート ファンドは、社会課題の解決に取り組む市民活動が持続的に成長することを願い、NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)の取り組みを支援する助成プログラムです。
助成資金はパナソニック株式会社が拠出し、EFFでは「環境分野」の事務局を協働で運営しています。


全労済地域貢献助成は、環境分野と子ども分野において、地域社会のために活動をしている市民団体を対象とし、地域の人々がたすけあって環境を守る活動、子どもの健やかな育ちを支える活動を支援する助成プログラムです。
助成資金は全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)が拠出し、EFFでは本助成プログラムの制度設計と、その後の助成案件の評価・選定業務に関与しています。


天然ガスコージェネレーションや自家発電設備等の分散型電源の設置を促進することにより、省エネルギーや電力需給の安定化等を図ることを目的とした補助金です。 本補助金は経済産業省(資源エネルギー庁)の予算で実施され、EFFでは同補助金の基金設置法人として、国からの補助金を受けて基金を造成、その基金の管理・運用に関する業務を受託しています。補助対象として「ガスコージェネレーション推進事業」と「自家発設備導入促進事業」の2つの区分においてそれぞれ以下の団体・企業に事務局を設置し、具体的な補助金の申請の相談、受付など行っています。

1.基金の名称
    分散型電源導入促進事業基金
2.基金事業の概要
    天然ガスコージェネレーションや自家発電設備等の分散型電源の設置を促進することにより、
    省エネルギーや電力需給の安定化を図るため以下の事業を実施する。
    ① 省エネルギー効果が高く、電気と熱を高効率に利用する天然ガスコージェネレーションを
      導入する事業者に対する支援。
    ② 自家発設備の新増設、増出力によりピークカットや余剰電力を電力会社等へ供給する事業者に
      対して設備導入費や燃料費を支援。
3.基金事業の目標
    電力系統からの電力購入量の減少に資する設備の導入等に要する経費の一部を助成する事業を円滑に
    行うことにより、省エネルギーや電力需給の安定化を図る。
4.基金額(基金のうち国庫補助金等相当額)
    249.7億円(249.7億円) 
5.基金事業を終了する時期(定期的な見直しの時期)
    平成30年3月末(-)
   『補助金等の交付により造成した基金等に関する基準』等に基づく公表資料

廃炉・汚染水対策に資する技術の開発を支援する事業を行うことにより、我が国の科学技術の水準の向上及び廃炉・汚染水対策を円滑に進めることを目的とした補助金です。本補助金は経済産業省(資源エネルギー庁)の予算で実施され、EFFでは同補助金の基金設置法人として、国からの補助金を受けて基金を造成、その基金の管理・運用に関する業務を受託しています。補助対象は廃炉・汚染水対策に係る要素技術開発や実現可能性調査で、以下の企業に事務局を設置し、具体的な補助金の申請の相談、受付など行っています。

1.基金の名称
    廃炉・汚染水対策基金
2.基金事業の概要
    ○廃炉・汚染水対策において、国内外の叡智を結集・活用する動きを 具現化し、かつ、絶えず状況が
     変化する中で当初想定し得ない技術的課題に対して迅速・適切に対応できる仕組みを構築する。
    ○具体的には、廃炉・汚染水対策に係る研究開発を促進するため、実現可能性がある技術について、
     FS・要素技術開発の強化を支援する。
3.基金事業の目標
    我が国の科学技術の水準の向上及び廃炉・汚染水対策を円滑に進める。
4.基金額(基金のうち国庫補助金等相当額)
    21,494.2百万円(21,494.2百万円)(平成26年3月末日現在)
5.基金事業を終了する時期(定期的な見直しの時期)
    平成28年度末(-)
  『補助金等の交付により造成した基金等に関する基準』等に基づく公表資料
  「平成25年度廃炉・汚染水対策事業 事業一覧」